>
お役立ち情報27

お役立ち情報 マイナンバーのセキュリティ対策 その⑥

 

マイナンバーのセキュリティ対策 その⑥

 

 

 社内のネットワークを、インターネットを通したトラブルから守るために、大きな手間やコストを

かけず運用できるセキュリティ設備、UTMのご紹介。

いよいよ大詰めとなってまいりました。今回で6回目、お付き合いください。

 

前回まで・・・

「ネットワークの外部への出入り口には」=UTM

「さらに各PCごとのセキュリティ対策は」=UTM付属セキュリティソフト

この外からと内からの対策をすることにより、Wチェックで、より安全・簡単に

ネットワークセキュリティの一元管理ができますよ。ということでした。

そして、その各PCごとのセキュリティソフトの主な機能は

 

 ●集中監視セキュリティ

  更新期日が過ぎていないか、最新の各クライアントパソコンを管理

 

 ●USBセキュリティ

  USBメモリの実行時に自動でスキャン

  問題あれば警告、USBメモリからのウイルス感染を防止

 

 ●内部統制セキュリティ

  パソコンの利用時間・使用アプリケーション・インターネットの閲覧履歴

  プリンター出力内容など、業務に無関係な操作を監視・防止

 

がありますよ。というところまででしたね。

そして、今回はその中でも 「内部統制セキュリティ機能」

具体的にどんなイメージで管理できるのか?についてお伝えします。

 

内部統制セキュリティ機能について

 

 

 

まず第一に、この内部統制セキュリティ機能はPCの使用時間、作業内容・時間等を

「自動的に」情報収集し、各PCごとの作業状況を管理者に、メールで報告してくれます。

 

   

PCからのプリント出力にも、印刷日時やコンピューター名、部署などの印刷情報(透かしで)

自動挿入でき、これによってプリント放置や紛失などによる、トラブルや情報漏えいリスクを

管理することができるんです。

 

また、どのPCで、何を、どれくらいプリントしたのかまでデータとして記録されるため

情報の流出など、万が一の場合でも追跡が可能ということになるんですね。

 

そうやって自動収集したこれらのデータを、「日報」「週報」「月報」の選択したいづれかで

集計し、管理者にメール報告する。という仕組みなんです。

 

日報と週報のイメージはこんな感じです。

 

       「日報」                「週報」

 

 

いかがでしたでしょうか?UTMそのものは外部からのリスクに備えるもの。

そしてこのようなソフトは、ネットワーク内部から発生するリスクに備えるもの。

 

つまり両方パッケージとして運用することで、一元管理を可能にし、

楽に、より安全に運用できますよ、ということなんですね。

 

今回で【UTM=ネットワークセキュリティ】編は一旦終了とさせていただきますが

今後更に、クライアントさん、利用者さん、お客様の情報を厳密に管理していく必要が

でてくるお仕事もあるかと思います。

 

大がかりな対策や対応よりも、必要最低限で運用しやすいシステムとして、

本シリーズでご紹介させていただきました。

バックナンバー含め、ぜひご参考くださいね。

 

 

お役立ち情報TOPへ戻る

 

 

このページの先頭へ